セキュリティインシデント対応を再考する即応できる運用とは?

セキュリティインシデントの被害から組織を守るべく、脅威を検知し迅速に対応する重要性が認識され、多くの組織で「CSIRT」設立などのインシデント対応体制の構築が進みました。EDRなどの技術も進化する中、現在はインシデント対応体制を適切に機能させるための運用面に課題を抱える組織が増加しています。本特集では、組織が直面するインシデント対応の運用に着目し、体制や技術などの最新動向から課題解決につながるヒントを読者に提供します。

新着コンテンツ

編集記事

タイアップ

ホワイトペーパー

協賛会社

  • 株式会社インテリジェント ウェイブ
  • キヤノン株式会社
  • イーセットジャパン株式会社
  • 株式会社大塚商会
  • クラウドストライク株式会社
  • サイバーリーズン合同会社
  • splunk
  • ゼットスケーラー株式会社

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2024年3月31日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]