編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アクティブマトリックス方式

用語の解説

アクティブマトリックス方式とは

(アクティブマトリックスホウシキ,アクティブマトリックス,アクティブマトリクス,アクティブマトリクス方式,active matrix,)
アクティブマトリックス方式とは、液晶や有機ELディスプレイなどの駆動方式の1つで、ディスプレイ上の各画素にアクティブ素子(スイッチング素子)を配置することで、選択した画素ごとに信号のオン、オフ制御を可能にする方式である。
アクティブ素子にはTFT(薄膜トランジスタ)などが用いられる。 ディスプレイの駆動方式にはこの他に、水平方向と垂直方向に信号線と走査線を張り、これらにタイミングを合わせながら電流を流すことで、その交点にある画素を点灯させる単純マトリックス(パッシブマトリックス)方式がある。 アクティブマトリックス方式は、単純マトリックス方式に比べて回路が複雑になり、コストが高くなるという弱点はあるが、コントラストが高く、応答速度が速いという利点がある。 また、大画面化が進めば、単純マトリックスよりも駆動電圧が低く、消費電力が小さいという特徴もある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]