編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アルゴリズム取引

用語の解説

アルゴリズム取引とは

(アルゴリズムトリヒキ,プログラム売買,アルゴリズムトレーディング,アルゴリズムトレード,)
アルゴリズム取引とは、オンラインの証券取引において、コンピュータが株価の上下変動や売買株数などを分析し、自動的に発注を行う取引形態のことである。
アルゴリズム取引では、あらかじめプログラムされたアルゴリズムに基づき、コンピュータが最適なタイミングや発注数を割り出し、発注を繰り返す。 発注はミリ秒レベルで行われ、数十の銘柄を同時に発注することもできるなど、人間が行うよりもはるかに迅速、かつ機械的である。 アルゴリズム取引は米国で広まり、2000年代以降、日本でも普及しつつある。 東京証券取引所(東証)が2010年に稼動を開始した取引システム「アローヘッド」も、注文処理速度の向上など、アルゴリズム取引により適したシステムとなっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]