編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

サニタイジング

用語の解説

サニタイジングとは

(サニタイズ,sanitizing,sanitize,)
サニタイジングとは、テキストデータ上の「&」や「>」など特殊文字を一般的な文字列に変換する処理のことである。
サニタイジング(sanitizing)はもともと「消毒する」「無害化する」などの意味を持つ英語である。 サニタイジングは、主にHTMLやJavaScriptなどでWebサイトの表示や機能を記述するために用いられる特殊文字を、単純な文字として扱いたい場合に行われる。 Webサイトに設置された入力フォームなどから、悪意のあるスクリプトコードが入力されると、その文字列が解釈・実行されることで様々な被害に遭う恐れがある。 このような攻撃手法はクロスサイトスクリプティング(XSS)と呼ばれている。 このとき、サニタイジングを行い、外部から入力された文字列がスクリプトコードとしての意味を持たない(単なる文字列として扱う)ようにすることで、クロスサイトスクリプティングをあらかじめ阻止することができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]