編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

ビジネス著作権検定

用語の解説

ビジネス著作権検定とは

(ビジネスチョサクケンケンテイ,著検,)
ビジネス著作権検定とは、ビジネスシーンで必要とされる著作権に関する知識を測定する検定試験のことである。
2004年より、知的財産教育協会の監修のもとで株式会社サーティファイが半年に1度実施している。 ビジネス著作権検定では、著作権法に関する知識や情報モラルに関する理解などを通じて、実務上に発生する著作権問題への対処スキルを認定している。 ネットワークの整備によって情報収集・公開がますます容易になっている中、著作権に関する問題が重要視されていることを背景に、ビジネス著作権検定は注目を集めている。 ビジネス著作権検定には「初級」「上級」「スペシャリスト」と3つの段階が用意されている。 初級では、日常の実務レベルで必要とされる基礎知識が問われる。 上級では、実務の中に潜む著作権問題を発見し、そして解決する能力が試される。 スペシャリストは、判例や慣習を踏まえた上で問題処理を行うことができ、企業の法務部としての仕事を担当できるレベルか否かが認定される。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]