編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

ローダブルモジュール

用語の解説

ローダブルモジュールとは

(ローダブルモジュール)

 Linuxにおいて、カーネルとは独立してロード/アンロードを可能にしたドライバのこと。

DOSやWindows NTのデバイスドライバに相当する。

 初期のUNIX系OSでは、デバイスドライバはすべてカーネルに組み込むという設計になっていた。 つまり、新しいデバイスを使うためには、カーネルの再構築が必要だという設計になっていた。 これに対してLinuxでは、デバイスドライバを独立したファイルとして、必要に応じてロード・アンロードできるようになっている。

 ローダブルモジュールを使うことによって、以下のようなメリットが得られる。

 ・カーネルがコンパクトになる。

 ・カーネルの再構築の必要性が大幅に減り、新しいデバイスへの対応が容易になる。

 ローダブルモジュールのロードにはinsmodコマンド、アンロードにはrmmodコマンドを使う。 また、これらのコマンドのラッパーとしてmodprobeコマンドが用意されている。 さらに、Linux 1.3-2.0ではkerneldデーモン、Linux 2.1以降ではkmodがカーネルに組み込まれているため、モジュールの自動ロード/アンロードも実現されている。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]