単体テスト

用語の解説

単体テストとは

(タンタイテスト,モジュールテスト,unit test,)
単体テストとは、プログラムを検証する作業の中でも、プログラムを手続きや関数といった個々の機能ごとに分割し、そのそれぞれについて動作検証を行う手法のことである。
単体テストでは、個々の機能を果たすためのプログラム部品(プログラムモジュール)がそれぞれしっかりと動作しているかを検証する。 モジュールのインターフェースや処理手順が正しく動作するか、仕様書の通りに動作しているか、が単体テストによって確認される。 単体テストで不備が発見された際には、コーディングの段階に戻ってプログラムの書き直しが行われる。 そして再度単体テストが行われ、問題ないことが確認されたら、それらのモジュールどうしを組み合わせた場合にもうまく機能するかどうかを検証する「結合テスト」の段階に引き渡される。 結合テストが終了すれば、モジュールの連携によって構築されたシステムが全体として予定通りの機能を満たしているかどうかを確認する「システムテスト」が行われ、さらに顧客に試用してもらって顧客の要望がきちんと満たされているかどうかを確認する「承認テスト」が行われる。 これら一連のテストを経て、システムは完成となる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]