編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

日本版フェアユース

用語の解説

日本版フェアユースとは

(ニホンバンフェアユース,日本版フェアユース規定,著作権ノ権利制限一般規定,Japanese fair use,)
日本版フェアユースとは、米国著作権法にある「フェアユース」の考え方を、日本の著作権法に導入したものの通称である。
2009年前後から文化庁を中心に導入の検討が進められている。 米国著作権法では、著作物に対する独占的権利が著作権者に与えられるにも関わらず、「公正な使用」(フェアユース)と認められる場合には著作権の侵害とはみなされず使用できることが規定されている。 日本の著作権法にも「著作権の制限」が存在するが、米国のフェアユースに比べると限定的な内容となっている。 インターネットの普及が進んだ現代において、コンテンツ産業の振興・発展などの観点から、フェアユースの考え方を導入することが問われている。 日本版フェアユースの導入検討に当っては、当問題を専門に扱う「権利制限一般規定ワーキングチーム」が文化庁の下に結成され、2009年以降、審議を続けている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]