検疫ネットワーク

用語の解説

検疫ネットワークとは

(ケンエキネットワーク)

家庭へのインターネット接続環境の普及や、ビジネスシーンでのノートパソコンの利用拡大などにより、ウイルス感染拡大の危険は今まで以上に高まっている。

例えば、自宅で仕事の続きをしていたノートパソコンが、自宅のインターネット接続環境を通じてたまたま何かのウイルス/ワームに感染した場合、そのノートパソコンを会社のネットワークに接続すると、社内LANを通じてウイルス/ワーム対策を行なっていないパソコンに感染・蔓延してしまう危険がある。 これは、社外からの攻撃・感染を予防するファイアウォールだけでは防ぎきれない。

検疫ネットワークは、こうした持ち込んだパソコンの感染の有無を調べ、必要があれば駆除するというもので、社内LANとは接続されていないウイルス/ワーム対策・検出システムを持つネットワークに、持ち込んだパソコンをいったん接続してウイルス/ワームの有無を調べる。 検疫ネットワークを確実に運用するには、ウイルス/ワーム対策を最新の状態にしておくことと、社内LANから完全に隔離しておく必要がある。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]