編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

.evt

用語の解説

.evtとは

(イーブイティー,イベント,)
.evtとは、Windows NT/Windows 2000/Windows XPでOSの動作に関する記録を保存する独自形式「イベント・ログ」に付く拡張子のことである。
イベント・ログによって作成された.evt ファイルは「イベント・ビューア」によって参照される。 .evtファイルにはコンピュータ内で発生したイベントが記録されているので、トラブルシューティングの際に役立つ。 .evtファイルはバイナリ形式で、イベント・ビューアを使用しなければ開くことができないが、イベント・ビューアを経由させればテキスト形式やカンマ区切り形式のファイルに変換することができる。 ちなみに、イベント・ビューアはコントロールパネルの管理ツール内に独立したツールとして含まれている。 Windows 2000以降では、「コンピュータの管理」ツールの中にも同じイベント参照機能がある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]