編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

JPEG2000

用語の解説

JPEG2000とは

(ジェイペグニセン)
JPEG2000とは、画像圧縮方式のJPEGを発展させた規格のことである。
JPEG2000は、JPEGよりも高い圧縮率をもち、JPEGの50%程度のデータ削減を行うことが可能となっている。 画質も高く、同じサイズの画像ファイルであれば圧倒的に鮮明な画像を得ることができる。 また、従来のJPEGが採用していた離散コサイン変換(DCT)の圧縮アルゴリズムから、新たにウェーブレット変換と呼ばれる圧縮アルゴリズムを採用したことによって、JPEGの難点のひとつであったブロックノイズを抑えることに成功している。 ただし、JPEG2000はそれまでのJPEGよりも大きな処理負荷を伴い、また現行のJPEGとの上位互換性が保たれていない。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]