編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

モバイル・エンドポイント・エンフォースメント Fiberlink (ファイバーリンク)

サイバネットシステム株式会社 

2007-08-20

モバイルPCに特化し、NAC(ネットワークアクセスコントロール)・治療・ポリシー管理の3機能を連携した形で提供するASPサービス! ◆オススメユーザ◆社内PCのセキュリティだけでなく、モバイルPC向けの高度なセキュリティ対策を容易かつ低コストで行いたい企業。

製品概要

モバイルNAC◆モバイルユーザのエンドポイントセキュリティを支援 SaaSサービス
――――――――――――――――――――――――――――――――――

【Fiberlink】は、企業内ネットワークにアクセスするモバイルPCのセキュリティ状態の監視と治療、そしてセキュリティポリシーに満たない場合はアクセスを遮断するモバイルに特化したSaaS(ASP)形態のNACサービス。
使用料金は月額900円から。新たな設備投資が不要で極めてROIの高いセキュリティ対策です。

>>>詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.cybernet.co.jp/fiberlink/


◆エンドポイントでモバイルPCを“自己診断”◆
――――――――――――――――――――
モバイルPCに導入した『Extend360』が、ネットワーク接続時だけでなく、起動した時点からPCを常に検疫し、ウィルスやワームなどの社内ネットワークへの侵入を強固に防いでいます。

>>>詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.cybernet.co.jp/fiberlink/product/index.html#mobil


◆モバイルPCの統合的なネットワークアクセスコントロール◆
――――――――――――――――――――――――――
このASPサービスの核となるのが『ファイバーリンク マネージメント センター』内のサーバです。企業のセキュリティポリシーは、このサーバで統合的に管理されており、モバイルPCにダウンロードされます。つまり、企業のセキュリティポリシーに則って、モバイルPCの状態をローカルPC上でチェックし、社内ネットワークへのアクセスをコントロールするのです。

>>>詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.cybernet.co.jp/fiberlink/product/index.html#mobil


◆ポリシー違反のモバイルPCを自動で治療◆
――――――――――――――――――――
【Fiberlink】は、単にアクセスを遮断するだけではありません。ポリシーを満たしていないため、ネットワークへのアクセスを許可できないPCに対しては、自動的に必要なパッチの適用、Hotfixや最新アンチウィルスソフトの定義ファイルの適用といった治療を自動的に実施します。


◆モバイルPCに必要なさまざまなセキュリティソフトの適用・監視も可能◆
―――――――――――――――――――――――――――――――
モバイルPC用モジュール『Extend360』に含まれる機能に加え、さまざまなセキュリティソフトを『Extend360』のプラグインとして動作させることも可能。ソフトウェアは一括で配信・インストールでき、設定・ポリシーの一括管理が可能になります。

>>>詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.cybernet.co.jp/fiberlink/product/index.html#point


◆モバイル環境用の通信手段も提供◆
―――――――――――――――――
【Fiberlink】を契約すれば、ダイヤルアップやPHS、WiFiといったインターネット接続に必要なアクセスサービスも利用可能。

>>>詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.cybernet.co.jp/fiberlink/product/index.html#secure

特徴

◆月々900円からの使用料払い◆
―――――――――――――――
Fiberlinkサービスは月々900円から利用できます。ASP形式ですので、契約ユーザ数分の金額を支払うだけです。


◆サーバ・スイッチなどのハードウェア購入は一切不要◆
――――――――――――――――――――――――
FiberlinkサービスはASP形式なので、導入・運用時にハードウェアを用意する必要は有りません。
ポリシーやモジュールは全てFiberlinkが管理するサーバに保存されており、ユーザには必要に応じてダウンロードされます。


◆ローカルPC上でのポリシーチェック◆
―――――――――――――――――
FiberlinkのポリシーチェックはローカルPC上で行ないますので、一般的な検疫システムと異なりサーバやスイッチとの通信が発生しません。そのため接続時だけでなく常にポリシーをチェックしている(エンフォースメント)状態を保てます。


◆ポリシーの自動メンテナンス◆
――――――――――――――
Fiberlinkポリシーサーバ上のポリシーは常に自動的にメンテナンスされています。Hotfixのリリースやアンチウィルスソフトの定義ファイルの更新があるとそれにあわせポリシーがアップデートされます。
システム管理者は検疫ネットワークにつきもののポリシーアップデートの作業から開放されます。


◆プラグイン形式によるセキュリティサービスの追加◆
―――――――――――――――――――――――
FiberlinkサービスのコアモジュールであるExtend360には、各種セキュリティモジュールをプラグイン形式で追加できます。モバイルPCをとりまく脅威の変化に応じて必要なセキュリティ対策が柔軟に取れます。
またセキュリティプラグインの動作状況を元に検疫ネットワークの動作条件を設定することも可能です。


◆全世界800社、1,200,000ユーザの導入実績(Fiberlink Customers)◆
――――――――――――――――――――――――――――――――
Fiberlinkサービスはブルームバーグ、コンチネンタル航空、アーンスト&ヤング、ゼネラルエレクトリック、ノバルティスファーマ、ファイザーなどのグローバル1,000に選ばれる企業で利用されております。


>>>詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.cybernet.co.jp/fiberlink/feature/

製品関連情報

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]