Shuriken 2009 Corporate Edition

株式会社ジャストシステム 

2009-03-16

「Shuriken 2009」は、「学習型迷惑メールフィルター」や「フォルダウォッチ」の強化に加え、グローバル化を意識したメールの多言語表示を実現しました。

製品概要

▼ユニコードに対応
ハングルや中国語など、複数言語を文字化けせずに表示することができます。
▼誤判定を防ぐ機能を強化した「学習型迷惑メールフィルター」
誤判定を防ぐ「ホワイトワード」や、迷惑メール内のハイパーリンクを非表示にし、フィッシング詐欺を未然に防ぐ機能を強化しました。
▼監視対象を拡大!さらに便利になった「フォルダウォッチ」
サブフォルダのメール監視に対応。さらに、1つの監視項目に複数のフォルダを対象として追加できるようになりました。
▼その他の機能強化点
・1つのメールボックスに保存可能なメールデータサイズの制限(最大2GB)を撤廃。
・Outlook 2007、Thunderbird 1.5/2.0、カラメルからのメールデータ/アドレス帳の移行が可能。(Outlook 2007は、アカウント設定も移行可能)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]