スマートクライアント 標準PCサービス

日本電気株式会社  2011年12月19日

バラバラな調達、仕様に制約をかけ、調達時期やPC、マスタイメージなどの「標準化」で、PCを効率的に運用できる月額利用サービス。

製品概要

シンプルな調達で標準化プロセスを推進するPC提供サービス

企業では、必要に応じてPCを調達したり、リースを利用したりしているケースが多く、多種多様なモデル、仕様が存在している。また、ベンダによるオーダーメイド型ソリューションは、工場出荷状態からのセットアップ・展開コピー作業などが個別に行われるが、ユーザ側で導入時期や仕様を標準化するには負担が大きく、結果的に従来プロセスの踏襲によって標準化が進まないケースもある。

NECの「スマートクライアント 標準PCサービス」は、ライフサイクルマネジメントサービスの提供、自社の経験を元に、導入時期やハードウェア仕様、OS、ソフトウェアバージョンなどを「標準化」し、シンプルな運用管理を実現する。バラバラな調達や仕様に制約をかけ、統制を図るため、PC運用管理の効率化とコストの最適化を実現することができる。

特徴

■5種類の標準化モデルを提供
モニタ付き、モニタなしを選べるデスクトップPCが2機種(高負荷業務パック、標準業務パック)、A4オールインワンノートが2機種(高負荷業務パック、標準業務パック)、モバイルノートが1機種(高負荷業務パック)の3タイプ5モデルをラインアップ。使用するPCは月額サービスに含まれており、48ヵ月の提供。

■マスターイメージの標準化
ユーザの利用環境を設定した「マスターPC」のイメージを預かることで、NECが提供機器にイメージを展開し、クローニングする。これにより常に標準化されたPCを提供することができ、ユーザはすぐに使用できる。なお、マスターイメージは年4回の更新が可能なため、最新の環境を維持できる。

■PCの故障時には代替機と取り替え
PC故障時の対応は出張サービスがオプションで用意されることが多いが、本サービスではNECのサービスセンターが回収し、マスターイメージが適用された同一スペックの代替機と取り替える。申請後、翌々日の提供となり、事実上何回でも取り替えが可能。配送費用は標準プロセス内であればサービス費用に含まれる。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]