3次元データ管理ソフト SolidWorks Enterprise PDM

日本電気株式会社  2012年08月31日

3次元CAD「SolidWorks」のデータ管理に最適な製品データ管理ソリューションです。

製品概要

SolidWorks Enterprise PDMは製品データ管理ソリューションです。
SolidWorksを中心としたデータ管理とワークフロー管理をサポートします。
遠隔地を結ぶデータ管理や設計変更プロセスの体系的な処理が可能です。

●優れた操作性
Windows Explorerに完全統合されているため設計者がPDMを意識せずにCADデータ管理をすることができる使い易さが特長です。
●アドミニストレーションツールによる柔軟なカスタマイズ性
●SolidWorksとの高い親和性
●SolidWorksバージョンアップへの追随
●アクセス権
●ファイルのプレビューが容易
●企業のプロセスを効率化して実行
●BOM機能によるCADデータ構成管理
●パワフルな検索機能
●ファイルの参照関係の管理
●マルチ・ボルト機能によるWANレベルでのデータ管理
●PLMへの発展(Obbligato連携)
PLMシステム「Obbligato」と連携し、全社レベルでのコラボレーションを実現する製品ライフサイクル管理システムに拡張することができます

特徴

SolidWorks データ管理ソリューションにより、すべての設計情報を完全に管理できるようになり、バージョン管理やデータ消失に関する懸念が排除されます。
ファイルは安全に保管され、さまざまな検索属性(部品番号、説明、ワークフロー ステータスなど)を使用してすばやく取得できます。
共同作業やデータの再利用が促進され、ファイルの重複や冗長な作業の削減により、設計プロセスは簡単に、より効率的に実行されます。
技術革新と製品の改良の機会が増え、ファイルの検索や、製造業者に正しい設計情報が渡っているかどうか心配することなく、設計に集中することができます。

●設計データ管理工数低減
設計関連データの検索時間・管理時間の低減
設計に費やせる時間の増加

●関係部署でのデータ共有
打合せ時間の低減
改版履歴の管理
図面の電子承認

●PLMへの発展
PLMソリューション「Obbligato」の導入経験と、大規模ユーザへの導入実績の多い経験を生かした導入支援が可能
3次元CADの導入だけでなく、CADの構成情報を起点とした、設計BOMから生産BOMまでを統合管理することが可能

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]