USBトークンの抜き差しでPCをロック『SecureCore Personal Edition』

飛天ジャパン株式会社  2011年12月13日

USBキー(トークン)の抜き差しによりPCをロックし、安全なコンピュータ資源の共有、個人情報保護を簡単かつ確実に実現します。

製品概要

「SecureCore Personal Edition」はUSBトークンでPCロックすることによりWindowsデスクトップの使用制限を実現するセキュリティソフトウェアです。コンピュータへのアクセスを制御し、安全なコンピュータ資源共有、個人情報保護を簡単かつ確実に実現できます。
SecureCore Personal Editionは、ネットカフェ、学校、図書館、ホテル等共用PC端末の使用制限などに利用されています。
※製品詳細につきましては弊社営業担当までお問い合わせください

特徴

【SecureCore Personal Edition 製品特徴】
・常駐プログラムとして動作し、Windowsログイン後に自動的に起動されます。
・一台のPCに複数のUSBトークンを登録可能です。また、一本のUSBトークンも複数台のPCに登録することが可能です。
各PCに登録したUSBトークンでしかスクリーンロックを解除できません。
・USBトー クンの固有ハードウェアIDで特定のUSBトークンの接続の有無をチェックする。
・USBトークンのPCへの登録は設定ファイルを一括インポートする方式にも対応。
・Windows SteadyState※と共存可能。Windows SteadyStateの設定によって、SecureCore Personal Edition設定画面を利用者に見せないこと、設定ファイルも変更させないことが可能。
※Windows SteadyState は、Microsoft社が提供する、共有コンピュータの管理をサポートするソフトウェアです。
・USBトークンを接続している間はPCを通常利用できます。USBトークンを抜き出すと、事前指定されたスクリーンロック用の動画に切り替え、マウスやキーボードの入力をブロック/制限します。
USBトークンを再度接続すると、スクリーンロック用の動画が停止し、スクリーンロック前のデスクトップ画面に切り替える。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]