Outlook/Windows Live Mail対応のメールのうっかり誤送信防止ツール『WISE Alert』~メール送信時に警告してくれるシンプルツール~

株式会社エアー  2012年08月31日

WISE AlertはOutlook/Windows Live Mailにアドインし、「警告機能」「送信保留機能」によって、送信宛先間違いや添付ファイルのつけ間違い、件名を空白で送信してしまう、などの日常的についうっかり!してしまうメールの誤送信を本人に気がつかせる(警告する)ことで予防するツールです。間違いがあれば、メールが保留されている間に送信をキャンセルする事が可能です。 自分自身でメール誤送信を予防するツールなので、個人のメールセキュリティに対する意識向上も期待できます。

製品概要

「WISE Alert」はメール送信時に、条件に一致したメールに対して「警告ウィンドウ」を表示し、送信者本人に対して、宛先や添付ファイルなどに間違いがないかどうかを確認させるOutlook/Windows Live Mail対応のクライアントツールです。
1ユーザ1,980円(税込)からメール誤送信対策が可能(ダウンロード版の場合)なので、費用は最小限に、システム管理者の負担をかけずに「警告機能」や「送信保留機能」で本格的なメール誤送信対策が行うことができます。
「宛先間違い/添付ファイルつけ忘れ・つけ間違い/件名が空白」といった、ついやってしまうミスや、同報・一斉配信などの大量送信に対して、送信者本人に警告し、誤送信を未然に防ぎます。

WISE Alertは利用規模によって以下の3タイプの製品を用意しています。

□-----------------------------------------------------------------------------------■
【ダウンロード版】(1ユーザから購入できる、個人のお客様向けダウンロード専用タイプ)
・個人でメール誤送信対策をしたい。
・面倒な購入手続きをせずに今すぐにインストールして利用したい。

【スタンダード版】(5ユーザ単位から購入できる、企業向け管理機能なしタイプ)
・今すぐに、手軽にメール誤送信対策を始めたい。
・システム管理者に負担を掛けずに、ユーザ側から誤送信対策をしたい。
・試しに一部の部署で利用し、良さそうであれば全社で導入するかどうかを検討したい。

【エンタープライズ版】(5ユーザ単位から購入できる、企業向け管理機能付きタイプ)
・全社で統一したポリシーで誤送信対策をしたい。
・設定ファイルを一括配布・更新したい。
■-----------------------------------------------------------------------------------□

特徴

機能はとてもシンプル。条件に一致すればWISE Alertの警告ウィンドウが表示されます。
警告ウィンドウで宛先・添付ファイルを確認し、間違いなければ送信。間違いに気づいたら、送信をキャンセルできます。

【警告機能】

設定条件に一致したメールに対して「警告ウィンドウ」が表示されます。
「警告ウィンドウ」からは、メールの送信先や添付ファイルの中身を確認することが可能です。
全ての警告項目をチェックしてからではないと送信できない設定もできます。

<警告項目>
・添付ファイルがある
・送信先に外部ドメインを含む
・添付ファイルがあり、送信先に外部ドメインを含む
・設定した送信宛先件数以上に送信
・件名が空白
など

【送信保留機能】

指定した一定時間、メールの送信を保留します。
送信トレイに一時保留されるので、その間に間違いに気がつけば削除できます。

【即時送信機能】

送信トレイにある保留中のメールを強制的に即時送信します。

【「警告ウィンドウ」デザインのランダム変更】

長期利用で陥りやすい「警告ウィンドウ」への“慣れ”を低減する為に、「警告ウィンドウ」の画面デザインが9種類の中からランダムに変わって表示されます。

【サーバーコントロールオプション機能】(エンタープライズ版限定)

・全社統一のポリシーで警告項目の設定ができるので、誤送信防止を徹底できます。
・設定ファイルの一括配布・自動更新により、ルール変更時もすぐに対応できます。
・ユーザログの収集と保存ができ、管理者はメール送信状況を把握できます。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]