WebサイトやJavaアプリケーションに動的なBIレポート・帳票を展開する強力ツール【EspressReport - エスプレスレポート】

株式会社クライム  2012年11月19日

様々なデータから動的にグラフ・レポートを作成、Web上に展開するJavaツールです。 姉妹製品には グラフ描画に焦点を絞ったEspressChart - エスプレスチャート BIツールとしてダッシュボード機能に特化したEspressDashboard - エスプレスダッシュボード WEBサーバとして誰でも簡単に情報共有やBIツールとして活用できるEspressReport ES - エスプレスレポート ES も販売しております。

製品概要

EspressReportとは
EspressReport(エスプレスレポート)は100%Javaで動作する強力なレポート・ツールです。
当初からWebレポートとして開発をスタートしているので、新たな情報配信システムの確立に最適です。
多くのデータ・ソースからデータを取得でき、多種のWeb対応フォーマットでレポートを生成することができます。
EspressReportは単純なアプリケーション・データからの出力から、重要な企業情報からの複雑なプレゼンテーション・レポートまでの役割を果たすことができます。

SQL ServerやOracle、DB2などの各種データベース、ExcelスプレットシートからODBC/JDBC経由でデータを取り込み、グラフ・レポートを動的にWeb上に作成、LAN、インターネット経由で表示、公開することが可能です。
EspressReportは、対話形式でレポート・グラフ作成・編集が行える「レポートデザイナ」と「チャートデザイナ」、Webブラウザ上でインタラクティブなレポート・グラフ表示を実現する「レポートビューワ」「チャートビューワ」、データベース・アクセスを可能にするスタンドアローン・サーバ「EspressManager」、そしてアプリケーション、アプレット、サーブレット、JSPなどでレポート・グラフを作るためのライブラリ「レポートAPI」、「チャートAPI」から構成されます。

特徴

・5パターンのレポート形式に対応
EspressReportは、5パターンのレポート・帳票形式に対応しています。
一般的でシンプルなレポートの「Simple Columnar Report」や宛先ラベルを作成できる「Mailing Label Report」など、様々なお客様のニーズに応えることができます。

・Simple Columnar Report - シンプル帳票レポート
 各製品など売り上げ等、1対1の情報を記載するのに適したレポート
・Summary Break Report - サマリブレークレポート
 各製品の地域別の売り上げ等を1対多の情報を記載するのに適したレポート
・Crosstab Report - クロス集計サポート
 表頭(初めの行)と表側(初めの列)の交わった点に情報を記載するレポート
・Master& Details Report - 基本詳細レポート
 注文等の詳細な情報をまとめた、注文書や見積書に向いたレポート
・Mailing Label Report - 宛名ラベルレポート
 封筒等に宛名を貼り付ける際に利用できる各宛名ごとに情報をまとめたレポート

・取り込み可能なデータ
EspressChartは、JDBC/ODBC対応データベースはもちろん、CSVやXMLなどのテキストファイル、
さらにJavaのクラスファイルやEJB、Excelからもデータソースとしてデータを取り込むことができます。

一覧
・データベース(JDBC/ODBC)
・JNDIデータソース
・XMLファイル
・テキスト(CSV)ファイル
・Javaクラスファイル
・EJB
・SOAP
・SalesForce
・Excelシート

多彩な出力形式に対応
EspressReportは作成したレポート・帳票を下記の形式で出力可能です。

一覧
・HTML
・DHTML
・PDF
・Excel
・リッチテキスト
・テキスト(CSV)ファイル
・XML

・OSには依存せず、WindowsでもLinuxでも動作可能
EspressChartは、100%Javaツールなので、Javaが稼動するOSであればどこでも動作可能です。
開発はWindowsで、運用はLinuxで、といったJavaツールならではの開発運用体系も可能です。
また、Javaは32bit・64bitの両方をサポートしています。

・レポート・帳票を素早くデザイン・フォーマット
GUI開発ツール「レポートデザイナ」は、難しい知識を必要とせず、直感的でユーザフレンドリーな操作が可能です。
データベースへの接続や、PDF・Excelなどへの出力も、このデザイナツールを使用して簡単にレポートを作成できます。
また、レポート中にはEspressChartの「チャートデザイナ」を使用してレポートに関連したグラフ・チャートを入れ込むことも可能です。

・豊富なレポートAPIでJavaから動的にレポート・帳票を制御
レポートデザイナで作成したレポート・帳票をそのまま使用することも出来ますが、
チャートAPIを使用することで、Javaから動的にレポートを制御しカスタマイズすることも可能です。

・豊富なAPIで、チャートデザイナで制御できることのほとんどはAPIでも制御可能
・APIを使用することで、例えばJavaの条件分岐に合わせてダイナミックにグラフ表示を変更可能
・レポートデザイナではデザインのみをカスタマイズし、Java実行時にAPIから実データを取り込むことも可能
・そのまま使えるJavaのサンプルコードを100種類以上用意
・Javaの標準APIとチャートAPIでメンテナンスのしやすいプログラム作成を実現
・デザインとJava開発を分けることによって、開発生産性の向上が可能

・30種類以上のチャート・グラフ形式に対応
EspressReportは、EspressChartの全機能が包括されています。
レポート・帳票に加えて30種類以上のチャート・グラフを入れ込むことが可能です。
レポートとチャートで取り込みデータを同じにすることも、別の取り込みデータを使用することも可能です。
また、チャートAPIを使用し、レポートAPIと併せて動的にチャートの制御が可能です。

製品関連情報

株式会社クライム の記事一覧へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]