いつでも、どこでも、リアルタイムに情報共有が可能【EspressReportES - エスプレスレポートES】

株式会社クライム  2012年11月19日

EspressReport ESは情報共有や業務の効率化、BIツールとしての利用など、お客様の目的に合った機能を提供するレポート配信の統合管理ツールです。姉妹製品には グラフ描画に焦点を絞ったEspressChart - エスプレスチャート、チャートの機能に加え、レポート作成機能も加わったEspressReport - エスプレスレポート、BIツールとしてダッシュボード機能に特化したEspressDashboard - エスプレスダッシュボードも販売しております。

製品概要

EspressReport ESとは
EspressReport ESは情報共有や業務の効率化、BIツールとしての利用など、お客様の目的に合った機能を提供するレポート配信の統合管理ツールです。

・高速でカスタマイズ性の高いグラフ・レポート作成機能に加え、エンドーツーエンドのセキュリティにより、高い安全性を実現しています。

・DBやファイルからのデータ取得の際に専門的な知識は必要ありません。

・ウィザードに沿って進めるだけでインストールからデータの設定、レポート作成、 ユーザや権限の管理などを簡単に行うことができます。

・EspressReport ESは、100%JavaでハードやOSに依存しないため、 サーバの追加などを行わなくても既存環境に構築することができます。

EspressReport ESは姉妹製品であるEspressChart/Report/Dashboard全ての機能を包括しています。
これによりグラフ・レポートの作成にとどまらず、エンタープライズサーバとして、情報共有やBIツール、パフォーマンス監視、サービス展開など様々なニーズに利用可能です。

特徴

【経営情報の見える化 】
-ビジネスインテリジェンスツールとして経営計画や企業戦略に情報を活用-
通常、一からERPやBIツールにより情報を収集、活用するためには大変な手間とコストがかかります。
しかしEspressReportESならば様々なデータベースやファイル形式のデータを取得できるため、新たにデータベースなどを作製することなく情報の収集・蓄積が可能です。
また、すべてをGUIで操作できるので、プログラムやデータベースの専門知識がなくてもBIツールとしてグラフやチャート、ダッシュボードの作成が行えます。

【アラートによる迅速な危機対応 】
-パフォーマンス監視からクリティカルマスの把握まで-
システムパフォーマンスの急激な低下や障害の発生の際した場合、この情報をリアルタイムにEspressReportESが取得し、KPIアラートが通知されます。
KPIアラート機能ではE-mailでの通知やダッシュボードの強調表示、FTPへのデータのアップロードなどを行うことが可能です。
また、クリティカルマスや損益分岐点、急激な株価の変動などの経営、市場の変動に合わせてKPIアラートを通知をすることでスピーディな対応が求められるビジネスでも活用が可能です。

【企業全体での情報共有】
-各店舗や現場から経営者まで安全に情報を共有-
EspressReportESはインストールをするだけでWebサーバとして稼働可能です。そのためWebブラウザからアクセスし、企業内全体で情報を共有、またPDFやエクセルで取得、レポートのメールによる定期配信等を行えます。
またEspressReportESはエンドツーエンドのセキュリティ管理が可能です。そのため各レポートやチャートなどの要素に対するセキュリティやユーザ/グループごとの権限管理が可能です。

【業務の効率化】
-スケジュールによる自動的なレポート配信やテンプレートを使用したレポート作成-
四半期ごとや毎月の売り上げなど定期的に作成する必要のあるレポートを毎回作成するのはとても手間です。
しかしEspressReportESなら、スケジュールに従い自動的にレポートや報告書が出力することが可能です。
また一度作成したレポートはテンプレートとして保存でき、そのテンプレートにデータをGUIから適用するだけで形式の整ったレポートを作成できレポート内のグラフにもデータが反映されます。

【営業でのアプローチ】
-ノートパソコンやiPadなどのタブレットにレポートを表示し、説得力のある営業を-
紙媒体などで大量の資料をお客様先へ持ち歩くことは大変です。また重要なデータを入れた状態のノートPCなどを外に持ち出した際に万が一、盗難等にあってしまってはデータ流出につながってしまいます。
しかしEspressReportESならば実際にデータを持ち歩くことなくタブレットPCやノートPC、iPhoneなどのモバイル端末から安全にアクセス可能です。
さらにドリルダウンやサブレポート機能を活かして詳細な情報までお客様にプレゼンテーション可能であるため、お客様が本当に知りたい情報を即座に展開できます。

【サービスへの展開・管理】
-様々なサービスに活用可能なマップ機能-
EspressReportESは社内での情報共有やBIツールだけではなく、情報配信サービスとしてとしても展開可能です。
チャート、レポート機能を活用した情報の配信だけでなくマップ機能(対応付け)も備えています。
そのため地図(Google MAPも利用可能)に対応した天気予報サービスや映画館や劇場の座席管理システムとしてもご利用いただけます。

製品関連情報

株式会社クライム の記事一覧へ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]