編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Webの統合セキュリティ ソリューション CLEARSWIFT SECURE Web Gateway

クリアスウィフト株式会社 

2017-06-02

SECURE Web Gatewayは、リスクの高い Web 環境を、自由で安全なコラボレーションとコミュニケーションの場に変えます。企業のネットワークがオンラインの危険とデータ漏洩から十分に保護されているのを感じながら、安心して Web メール、ソーシャルメディア Web サイト、コラボレーションサービスなどの企業活動を向上させるオンライン技術を自信を持って活用できます。

製品概要

企業の成長には、堅牢なネットワークセキュリティ要件と、Webテクノロジーの利用に対するニーズのバランスをとることが不可欠です。CLEARSWIFT SECURE Web Gatewayは、まさにそれを実現する、Webゲートウェイのためのインターネットセキュリティソリューションです。

CLEARSWIFT SECURE Web Gatewayのポリシーベースのコンテンツフィルタリングエンジンによって、脅威の侵入や情報漏洩から組織のネットワークを保護すると同時に、現代の新しいWebテクノロジーやサービスを十分に活用することができます。

CLEARSWIFT SECURE Web Gatewayを導入すると、高いセキュリティを保ちながら、自由で安全なWebコミュニケーションを実現します。Webメール、ソーシャルメディアサイト、コラボレーションサービスなど、事業活動を強化するオンライン技術を安心して適用することができます。

================================
柔軟なポリシー設定と管理
================================
CLEARSWIFT SECURE Web Gatewayには、導入後すぐに実行できるポリシーテンプレートが含まれています。使いやすいポリシーセンターを通じて、ユーザレベルでWeb上のコンテンツやサービスへのアクセスを管理でき、柔軟に使用許可ポリシーを設定することが可能です。中央管理で自動的にポリシーを複数のCLEARSWIFT SECURE Gateway に渡って反映させることで、時間を節約し、一貫性を確保します。

指定のWebサイトやカテゴリーに対し、タイムスケジュールを適用したり、特定の種類のコンテンツへのアクセスを管理したりすることができます。ポリシーの柔軟性を最大限に活用して、各ユーザに利用時間の割り当てを行うことも可能です。Webの利用状況が監視され、ポリシーの制約下にあることをユーザに確認してもらう目的で、使用許可や遮断ページを表示することもできます。

================================
高精度Webコンテンツフィルタリング
================================
CLEARSWIFT SECURE Web Gatewayのポリシーは、実証済みのコンテンツ分析とフィルタリング技術、CLEARSWIFT MIMEsweeperの技術を搭載しています。

この技術は、トラフィックをリアルタイムで分析し、コンテンツをポリシーと照らし合わせてチェックし、不適切なコンテンツやポリシーに違反するコンテンツをブロックします。ブロックメッセージはカスタマイズが可能で、組織のセキュリティ保護と、社員が業務上必要な柔軟性を両立します。

また、CLEARSWIFT SECURE Web Gatewayは、クレジットカード業界(PCI)の用語やクレジットカード番号のパターン、個人情報(PII)およびコンプライアンス関係の用語など、ビジネス用語の検出を行います。

このような複数のチェック機能により、情報漏洩を防ぎ、法規制下でのリスク軽減と企業の信頼性向上に導きます。

================================
信頼性の高いマルウェア対策技術
================================
双方向マルウェアスキャニングを搭載したCLEARSWIFT SECURE Web Gatewayは、組織のネットワークにマルウェアが侵入するのを防御します。マルウェア対策エンジンは、既知および未知の脅威を検出し阻止します。この機能は、ウィルス、スパイウェア、キーロガー、ボットネットなどを対象としています。また、URLフィルタリングとカテゴリレベルの制限によって、疑わしいWebサイトへのアクセスを管理することが可能です。

================================
強力なレポート作成機能と運用管理機能
================================

CLEARSWIFT SECURE Web Gatewayには、高度な管理機能およびレポート作成機能が搭載されており、Webベースのシンプルなインターフェースで管理することができます。

簡単に編集できる既製のレポートテンプレートは数百種類用意されています。インタラクティブなレポートで、ドリルダウンでき、レポート作成に費やす時間を大幅に削減することができます。

特徴

Webセキュリティのこんな悩み…ありませんか?

- Webアプリ経由の企業情報の漏洩をブロックしたい
- 部署毎にアクセス許可サイトを設定したい
- 社員の業務外サイトのアクセスを禁止したい
- スパイウェアによる情報窃取を防ぎたい

CLEARSWIFT SECURE Web Gatewayには、Web経由の情報漏洩対策、ウィルス・スパイウェア対策、URLフィルタリング機能がオールインワン。掲示板への書き込みやアップロード・ダウンロードの内容に応じて情報をコントロールします。また、CLEARSWIFT SECURE Web Gateway およびSECURE Email Gatewayの両方を導入することで、組織のインターネットセキュリティを統合し、共通のコンテンツ分析技術を通じて大幅な管理省力化を実現します。アプライアンス版、Webセキュリティのオプションがございます。

Webアプリに特化したポリシー: 
Webアプリケーション(Webメール、掲示板サイト、Webファイル送信サイト等)使用時にアップロードや送信する情報漏洩をブロックする、Webコンテンツフィルタリング機能 (HTTPSにも対応)

SNSサイト(YouTube, Facebook, Twitter)フィルタリング対応

URLフィルタリングとアクセス制御:
カテゴリーとURLの組合せによりインターネットゾーンを自由に定義してゾーン単位でアクセスを制御します。

部署毎のアクセス制御:
時間ごとや部署単位での柔軟なWebアクセス制御が可能です。

スパイウェア対策:
スパイウェアに感染したユーザのPCが不正にHTTP/S経由でデータを外部へ送出しようとした際に通信を遮断します。

豊富なキーワードリスト:
テキスト検索式の作成と設定をおこなう場合、日本のマイナンバー、クレジットカード番号、州ごとの米国運転免許証、パスポート番号、不適切用語など幅広いグループオプションから選択できます。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]