編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

工場ファストセキュリティアセスメント

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 

2022-09-12

工場におけるサイバーセキュリティリスクを可視化し、セキュリティ対策状況を評価

製品概要

工場ファストセキュリティアセスメントでは、工場におけるサイバーリスクを
「短期間」「低コスト」「低負荷」で可視化し、セキュリティ対策の評価を行います。

本サービスでは、工場・制御システムに関する国内外のガイドラインの要求事項や、近年のサイバー攻撃の傾向・脅威を踏まえてセキュリティ状況を可視化するための独自のフレームワーク「NRI Secure Framework(NSF) for IoT」と、5,000社以上が利用しているセキュリティ対策実行支援プラットフォーム「Secure SketCH(セキュア スケッチ)」を組み合わせ、工場のシステムのセキュリティリスクや対策レベルの可視化・評価を行います。

図:評価項目の基とする国内外の各種ガイドライン

特徴

■お客様に選ばれる理由
1.短期間・低コストで評価を実施
Secure SketCHのプラットフォームの活用により、およそ3か月間で現状把握から対策方針の提示まで一連の評価サービスの提供が可能になりました。

2.担当者の負荷を下げながら、セキュリティリスクや対策状況を網羅的に可視化
工場セキュリティに関する国内外の各種ガイドラインを集約して作成した評価項目を用いて、NRIセキュアのコンサルタントが可視化をサポートすることで、利用企業の担当者の作業負荷を抑えながらも、セキュリティリスクやその対策状況を客観的かつ網羅的に可視化・評価することができます。

■サービスの流れ
工場ファストセキュリティアセスメントは、8つのステップに沿って実施します。
企業・工場の担当者がSecure SketCHでアカウントを登録し設問に回答すると、NRIセキュアのコンサルタントが、選択された回答が、想定される回答基準や実態に即しているかどうかをヒアリングして確認します。
その後、優先度や具体的な進め方をコンサルタントが提案し、最適な対策方針を利用企業とともに決定していきます。決定した方針をSecure SketCHに登録し、今後の状況確認に活用するほか、Secure SketCHによる評価結果に加えて、コンサルタントが最終報告書を作成し提供します。

図:「工場ファストセキュリティアセスメント」の流れ

■料金
料金は、工場システムの規模等によって変わりますが、税込み385万円 (Secure SketCH GROUPSプランの利用料金を含む) からです。
個別お見積りとなります。お気軽にお問い合わせください。

■よくある質問
Q.
担当者へのヒアリングはどのように行われますか?
A.
WEB会議システム(Teams等)にてヒアリングを行います。WEB会議システムの利用が難しい場合は直接お伺いしてヒアリングを行います。工場施設へ立ち入りする実地調査は行いません。

ヒアリング 回数は1回2時間程度の打ち合わせを2~3回程度行います。アセスメント対象の工場が多い場合は打合せ回数が増える可能性がございます。ヒアリング内容は設問に対する回答が、想定される回答基準や実態に即しているかどうか確認させていただきます。

Q.
最終報告書の報告会も依頼できますか?
A.
料金体系内にプロジェクト責任者向けへの報告会(1回分)の実施を含んでおります。その他に経営層向けの報告会の実施をご要望の場合は個別見積りさせて頂きます。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]