ホワイトペーパー

ビジネスリーダーが関与しないビッグデータ戦略は失敗に終わる--顧客エンゲージメント向上のために

アドビ システムズ 株式会社 2013年06月03日

~顧客が発する情報を、きちんと活用できていますか?~

本資料は、米フォレスターリサーチが提供する、いまビッグデータに企業が投資すべき理由を複数の観点からまとめたレポートです。いかに効率よくビッグデータに取り組み、自社の力にするべきかを解説します。

新しいデバイスやチャネルの急増、ソーシャルネットワークなどにより、顧客が何を考え企業のブランド/商品を求めるのか、といった価値のある大量のデータを、容易に入手できる状況となっています。

・リーダーにとって、あるいはCIOにとってのビッグデータとは?
・インテリジェントなシステムは、業務改善に貢献する「半構造化」データを提供する
・ビッグデータを扱う世界の先進企業が、実際に選択しているアプローチ
 (毎日2万5000ものオンライン会話を処理するDellの取り組み、ほか多数~

本資料をダウンロードいただき、効率の良いマーケティング業務にお役立てください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]