ホワイトペーパー

InterSystems Ensemble(R) - サービス指向アーキテクチャにおいて見過ごされている、抽象化とデータの永続性の役割

インターシステムズジャパン株式会社 2010年12月08日

InterSystems Ensemble は、サービスの開発、統合、編成、および管理を、一元的かつ包括的に、また一貫性のあるアーキテクチャで実行するSOA実装ソリューションだ。

SOA プラットフォームには、革新的かつ基本的な2つの技術、「データの抽象化」および「永続性」が不可欠である。抽象化テクノロジは、SOA 実装の一部である、基礎となるインタフェースとデータの特性、多様性、複雑性を隠し、レポジトリとデータの永続性は、サービスの再利用と SOA の管理のキーとなっている。

このテクノロジが SOA プラットフォームに包括されていることで、IT 組織は、ビジネス要件およびプロセスの急速な変化に柔軟に対応でき、基礎となるテクノロジや標準の変更時も使用を断絶することなく継続でき、投資を保護できるという保証が得られる。

本ホワイトペーパーは、SOA実装の成功に不可欠な2つの機能の重要性と、適切なITプラットフォームについて解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]