ホワイトペーパー

小手先「デジタルマーケティング」は今後は通用しない?それは何故か…

SAS Institute Japan株式会社 2017年03月29日

デジタル時代に入り、もはや消費者は「ただ情報を受け取るだけの存在」ではなくなった。マーケティングの主導権は情報の送り手から受け手に移っており、メッセージをいかに「読んでもらえるか」、そのうえで「顧客と良好なコミュニケーションを取れるか」に、成否が大きく依存するようになった。

本資料は、従来のデジタルマーケティング手法で達成できなかった課題を認識した上で、その対処を考慮した、より進んだ「アジャイル型」手法への移行を強く提言している。

では具体的には?

まず、最初にできなくてはならないのは、「顧客がカスタマー・ジャーニーのどの段階にいるのか、常に把握する」ということだ。その上で、「顧客の最新ニーズを常に把握し、リアルタイムで対応」することが必須となる。顧客がどの場所にいてもだ。ほか反省すべき項目は多岐にわたる。

市場をいかに定義し、画期的なコンテンツを開発・制作し、メッセージを検討し、適切な手段・メディアで発信していくか。詳細はぜひ、ダウンロードのうえご覧頂きたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)