ホワイトペーパー

アジャイル・マーケティングへの移行とデジタル戦略

SAS Institute Japan株式会社 2017年03月29日

デジタル時代に企業はどのように備えているでしょうか。
テレビ放送や印刷されたカタログ類など、従来のチャネルの有効性やプレゼンスは低下してきており、消費者と企業の関係のダイナミズムも大きく変化しています。流行はもはや企業のマーケティング担当者がリードするのではなく、消費者の誰もがトレンドセッターたり得る時代を迎えています。
デジタル化が進行する市場において競争に打ち勝とうとするマーケティング担当者にとって、あふれる情報の洪水の中で自分達のメッセージを際立たせるのは非常に難しいことです。デジタルも含めた多様なチャネルが存在する中、ターゲット顧客やコンテンツ、プラットフォーム(伝達手段)等に関する戦略的な意思決定を行うことが重要になってきます。

本ホワイトペーパーは、市場をいかに定義し、画期的なコンテンツを開発・制作し、メッセージを検討し、適切な手段・メディアで発信していくか、といった点など、デジタル時代においてマーケティング活動を行う上での課題や機会について検証します。

■目次
● 顧客を中心としたマーケティングのランドスケープ
●「変化」への対応という新たな常識
● アジャイル・マーケティングがもたらす新たな手法
● アジャイルな独自のデジタル戦略を確立する理解 / 反応 / 適応 / 測定 / 予測
● 鍵を握るのは「コンテンツ」
● デジタルがもたらす未来

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)