ホワイトペーパー

事業ごとに個別に構築していたシステムを統合することによるシナジー効果

SAPジャパン株式会社 2010年09月13日

3つの事業を展開するE社では、情報システムが事業ごとに個別に構築されており、グループ内に5種類もの商品コードが存在するこうした環境は、データの整合性の確保だけでも、決算処理の大きな負担になっていました。

その解決策として、SAP ERPと小売業向けのSAP for Retail を導入。その柔軟な基盤のもとで、物流拠点の集約や、運用のアウトソーシングによるTCO削減など、独自の業務革新を推進しています。

本ホワイトペーパーでは、E社がいかにして業務改革を成功に導いたか。その成功のポイントや導入効果などをご紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)