ホワイトペーパー

移行の壁を乗り越えろ--VB6から.NETへの最短ルートを探る

グレープシティ株式会社 2012年08月20日

グレープシティの表計算コンポーネント「SPREAD」は、古くから多くのプログラマーに支持されている。それは業務アプリケーションで不可欠な、データグリッド表示を簡単にしかも高い汎用性でカスタマイズできるためである。そのため、多くのシーンで利用されVisual Basic 6.0で構築したシステムの多くで採用されてきた。

しかし、業務システムはWindows XPからのOSリプレースなどが行われ、VB6で構築した資産の扱いについて多くのエンジニアがその壁に直面している。

それは、現在主流の.NET Frameworkとの互換性がほとんどなく、単純移行では膨大な工数が必要となるためだ。

SPREADもVB6用のActiveX版と.NET Framework版製品の2種類が存在している。しかし、その間の単純移行はほぼ不可能である。

この資料では、SPREADに焦点を当て、この移行に関する障壁を可能な限り低くするための技術を解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)