ホワイトペーパー

「ビッグデータ」「ソーシャルアプリ」キーワードから紐解くこれからのコンピューティング

さくらインターネット株式会社 2012年04月26日

サーバ仮想化技術やクラウドの急速な成長に伴い、
大量のコンピュータリソースを利用するサービスが誕生。
現在のスケールアウトの文化を生むきっかけになった。

今後も発達し続けるコンピュータ能力に合わせ、
ユーザーが常に最新の「システム性能」と「コストパフォーマンス」を享受するにはどうすれば良いのか?

本ホワイトペーパーでは、さくらインターネット社長の田中邦裕が、
これまでのクラウドコンピューティングの動向から、
・ビッグデータ解析におけるHadoop
・ソーシャルアプリにおけるDB
といったキーワードを深耕し最新のトレンドを探る。

クラウド隆盛の昨今、最適な企業システムを模索するシステム部門の方だけでなく、
独自の付加価値を提供しづらくなってきたと感じるSIerにも読んで欲しい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]