ホワイトペーパー

意外に多い!?VDI導入が早々に頓挫するケース--落とし穴は「スモールスタート」

日鉄ソリューションズ株式会社 2019年05月29日

働き方改革の推進やセキュリティ強化などの背景から、昨今はVDIを導入する企業が増えています。

しかしながら、様々な問題から早々に頓挫してしまう企業は少なくないようです。特に「まずはスモールスタート」と小規模導入をする場合に多く、急いで導入しても事前の検討が不十分だと、ユーザーの『重い、遅い、つながらない、対応してくれない』という不満につながりやすいためです。

こうした失敗を防ぐにはどうしたらよいのでしょうか?そのヒントが本資料にあります。

小規模であっても、ユーザーの使い勝手を重視したVDI環境を初期の段階から検討し、ユーザーが快適にVDIを利用した実績を作ることで、将来的な全社展開やグループ会社展開をスムーズに進めることは可能です。

ぜひダウンロードし生産性を高める効率的なVDI環境の構築に役立ててください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]