ホワイトペーパー

2社の事例に見る、情報過多を克服したグループウェア活用方法とは?

株式会社ドリーム・アーツ 2010年11月29日

 企業内での情報過多は、今や大きな課題である。多すぎるメッセージに企業の
受信者が悩むばかりか、送信側であっても、情報管理に必要以上のコストを強い
られるケースは多い。

 本ホワイトペーパーでは、エディオンと毎日コミュニケーションズが直面した問題と、解決に至った道筋を詳細にお伝えする。
両社とも、問題解決に際してはドリームアーツのポータル・グループウェア「INSUITE」の積極活用が鍵となった。新規に導入された同製品を「仕方なく使う」段階から「便利だな」にすっかり変化した過程や、社員数が約500人から1500名あまりに急増する過程をいかに支えたか、ぜひ確認していただきたい。

さらに資料には、今後の「ロケーション・フリー」時代を乗り切る、モバイルからのグループウェア活用ソリューションも紹介されている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]