ホワイトペーパー

ストレージパフォーマンス最適化の第一歩、データベース診断

日商エレクトロニクス株式会社 2017年03月27日

システムパフォーマンスの劣化は、ストレージ性能が原因として考えられることが多い。しかし、問題はストレージだけではなく、データベースに問題が潜んでいる場合もある。また、各サーバー間の連携が進むことで、従来のチューニング方法が通用しなくなっていることも考えられる。

 パフォーマンス劣化の解消には場当たり的なチェック作業や勝手な思い込みは禁物。根本的な劣化の要因をすべて把握してから対処法を考えることが大切だ。そこでおすすめしたいのが、データベースのチェックから始めることだ。各種ツールを利用してデータベースの稼働状況を分析し、パフォーマンス劣化のボトルネックを特定してから対処する。

 本資料は、日商エレクトロニクスの「データベース診断サービス」を紹介している。このサービスは、データベースの診断からストレージも含めたさまざまなボトルネックの要因を特定する。複数の要因から発生しているため迅速な解決ができないでいるパフォーマンスの問題にも、総合的なアプローチを実施して成果をあげている。

 システムのパフォーマンス劣化が課題のIT担当者は、参考にしてみてはいかがだろうか。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)