ホワイトペーパー

大規模テーブル運用の管理課題と解決策

日本オラクル株式会社 2009年10月29日

ITシステムのビジネス活用が促進されれば、扱うデータはどんどん増え続けます。増え続けるデータを、いかに効率的に管理、運用できるかはITシステムにとって重要です。とくに、データが増えた際に発生するシステムの性能低下をどのように回避するのか。安定したシステムの運用のためには性能チューニングの作業は重要であり、その負荷が増えているのも現状です。Oracleデータベースのパーティショニング機能は、増え続けるデータを効率的に管理します。この資料では、大規模テーブルの性能劣化を解消し、運用を容易にするパーティショニング機能の活用について紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]