ホワイトペーパー

営業現場とCRMの相性を良くするための秘訣とは?

日本オラクル株式会社 2009年12月15日

 CRMは、企業に利益をもたらす武器として重要な要素となってきているが、現場でうまく受け入れられなければ、意味がない。営業担当者は、CRMの効果に懐疑的である場合が少なくない。CRMは、管理部門が得をするだけで、営業の最前線には利益がないと彼らは思っているからだ。最新のソリューションは、営業要員が使いやすく、事務作業の負担が低減化され、各自の仕事を支援し、実績に結びつけらるようにすることを目的として設計されている。CRMを受容しやすくするには、また、利益に直結するには、どんな手が有効か。そのヒントがここに示されている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]