ホワイトペーパー

【日産自動車:製造業事例】グローバル連結会計の実現でパフォーマンス解析という課題を解決

日本オラクル株式会社 2010年02月15日

 世界中で販売している自動車1台当たりの収益がどうなっているか即座に分析し、グローバルでの経営状況を把握したい。
 この課題の解決に、日産自動車ではグローバル連結会計を迅速に実現するHyperion Essbaseを導入しました。
 その結果、どのクルマをどのように売ればいいかの経営判断が、正確かつ素早く行えるようになったのです。
 今後の成長を左右する、企業のパフォーマンス管理を実現するヒントがここにあります。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]