ホワイトペーパー

【富士フイルムホールディングス:製造業事例】グループ全体でデータをタイムリーに共有し変化に即応する

日本オラクル株式会社 2010年02月15日

 富士フイルムでは、主軸だった写真フィルムのビジネスから大きな転換期を向かえていました。
 新たなビジネスモデルを確立するために、個別最適から全体最適へ、損益だけでなく資産効率の向上、経営情報のスピードアップといった課題を抱え、それらの解決のに連結経営の強化を行いました。 
 即時性と柔軟性を備えた連結会計環境の導入により、同社ではどの部署でも必要な時にさまざまな分析が容易に行える環境を手に入れたのです。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]