ホワイトペーパー

【セイコーエプソン:製造業事例】サプライヤーとのパートナーシップ強化でブランド競争力を向上

日本オラクル株式会社 2010年02月15日

 コスト削減のために、調達プロセスを見直しその効率化を図る企業が増えています。
 セイコーエプソンでは調達プロセスの標準化と迅速化を実現するために、新たなサプライチェーンシステムを導入。
 これにより、たんに調達プロセスが効率化しコスト削減が実現しただけでなく、グリーン調達の実現やサプライヤーとのよりよい関係の構築などさまざまなメリットを享受。製品品質向上にも貢献し、ブランド競争力の強化がなされたのです。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]