ホワイトペーパー

Oracle DB最上位版「Enterprise Edition」のライセンス料金を6分の1に!?

日本オラクル株式会社 2012年07月31日

Oracle Databaseの最上位版であり、高い可用性や管理性、性能を誇る「Oracle Database 11g Release 2 Enterprise Edition」。
 
 具体的には障害時にもシステムを止めない「Oracle Real Application Clusters」、データ分割で検索スピードを上げる「Oracle Partitioning」など、さまざまなシステム要求に耐える豊富かつ高度な機能を備える。

 ただし最上位版ゆえにライセンス料金の負荷がハードルとなり、普及版であるStandard Editionや他社データベースシステムを選択する企業も少なくなかった。

 コスト面の課題さえクリアできれば、Enterprise Editionを導入したい――。
そう考えている企業に是非紹介したのが本資料だ。

 なんとEnterprise Editionのライセンス料金を、通常の6分の1に抑えることができる方法が存在するのだ。そして、その具体的な方法が解説させている。また、本資料で紹介するのはコスト面だけではない。必要なハードウェアやソフトウェアを事前構成することで導入の容易さも高めた、データベースシステム構築の最適解までが紹介されている。

 企業のビジネスを支える生命線とも言えるデータベースシステムの最適化を本資料から読み解いてもらいたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)