ホワイトペーパー

アジャイル開発を阻むもの

日本コンピュウェア株式会社 2012年06月27日

ビジネスプロセスの変化にアプリケーションを迅速に対応させる観点から、アジャイル開発の手法は採用が拡大していきました。しかしながら、アジャイル開発のアプローチを取ったにもかかわらず、想定したほどの効果を得られないケースもあります。

その主な原因は、アジャイル採用後も、開発担当と本番運用担当の間のコミュニケーションや連携がうまくいかないからです。具体的には、以下のような課題に直面することになります。

・本番環境で発生した問題の、開発/テスト環境での再現が困難
・利用しているツール(監視、テスト)が異なるため、同一の情報や結果を共有できない
・開発と運用のサイクルが異なるため、発生した問題に対処可能なスタッフの開発部門によるアサインが困難

今回の資料では、ライフサイクルの観点から、開発と運用の障壁を無くす新しいアプローチ「DevOps」と、それを具体的に遂行する上で必要となるコンピュウェアのソリューションについてご紹介いたします。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]