ホワイトペーパー

【アプリケーション使用とそのリスクに関する報告書】エンド企業におけるアプリケーションの利用傾向

株式会社日立ソリューションズ 2008年12月16日

本資料では、金融サービス、製造、ヘルスケア、政府、小売、教育各業界の規模の大きな組織60団体におけるアプリケーショントラフィック評価を総括し、企業でのアプリケーション使用率の概観を示しています。

この報告書での最も重要な発見は、「従業員は使用したいアプリケーションを何でも使用する」ということです。音声や動画等のメディアアプリケーションをはじめとする一部の種類のアプリケーションは、予想通りすべてのネットワークで検出されました。

その他、IT部門で使用されるリモートデスクトップアクセスアプリケーションや、企業レベルでは一般的に使用されるプロキシなどのアプリケーションは予想よりも頻繁に従業員が使用しており、一部の組織ではこれらのアプリケーションを誰がどういった目的で使用しているのかを厳密に調査することとなりました。

本資料では、これらの調査内容を順を追って解説しています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]