ホワイトペーパー

画像処理ソフトウェア開発ツール「ImageGear Professional V14」

株式会社ラネクシー 2007-09-10

「ImageGear」は、Visual Studio .NETでも使用可能な数百以上のAPIを持つ高速画像処理コンポーネントです。

コンピュータによって生成された画像およびスキャナで取り込んだ画像の解析、修正、特殊効果変換、フォーマット変換、減色/増色/ディザリング処理、GUIなどの機能を備えており、さらに8ビットグレースケール画像、8ビットインデックスカラー画像、9〜16ビットグレースケール画像、24ビット画像と32ビット画像等のデータをサポートしています。

また、ディスクファイル、コンピュータメモリ、TWAIN・ISISスキャナ、インターネット、データベースなどのあらゆる周辺環境に対応しております。また単なる画像処理にとどまらず、OCR、バーコード、アノテーション、スキャニングなどの機能を実現できます。

ImageGearはProfessional版とStandard版の2つのエディションを用意しており、機能に応じたエディションが選択可能となっております。

アプリケーションに高度な画像処理機能を容易に、かつシームレスに付加することができることから、ドキュメンティングを中心に様々な分野で評価され、全世界で5,000万本以上の応用実績があります。

●Version15の新機能
-ART3.0マークをサポートするARTXコンポーネントを追加
-CAD/VectorコンポーネントにSVGフォーマットのサポートを追加
-Vectorコンポーネントに3D等値面作成などの新たなAPIを追加
-RAW画像ファイルのサポートを拡張
-対応OSとしてWindows Vistaをサポート
-JPEG2000コンポーネントにJPIPクライアント及びJPIPサーバAPIを追加
-Recognitionコンポーネントを利用して認識結果からPDFファイルを作成する機能を追加

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

関連ホワイトペーパー

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    2023年OTサイバーセキュリティの現状レポート--75%の組織が過去1年間に1回以上の侵入を経験

  2. セキュリティ

    サイバーセキュリティ強化に向けてマイクロソフトが示す実践的な指針を紹介

  3. セキュリティ

    5分でわかる「AWS WAF」--基礎知識から運用で陥りやすい3つの落とし穴までを徹底解説

  4. セキュリティ

    最前線で活躍するトップランナーと本気で考える、これからのサイバーセキュリティ

  5. 経営

    ガートナーが指南、迅速な意思決定を促す「AI」活用を実践する3つの主要ステップ

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]