ホワイトペーパー

「ビッグデータ」「IoT」の“理想と現実”のギャップを飛び越えるためのシステム構築を学ぶ

レノボ・ジャパン株式会社|SUSE    2017年03月13日

“ビッグデータ”にせよ“IoT”にせよ、その活用によって収益向上に結び付けられなければ、企業にとってはただのITトレンドで終わったしまうことになる。しかし、ビッグデータ真に活用するためには、従来ながらの基幹系データとの連携が欠かせないという事実は意外と知られていないのではないか。売上情報や顧客情報、販売計画や需要予測、製産計画などに、基幹系データとビッグデータの両方を活用することができなければ、ビジネスを強化することのできる高度な知見など、なかなか得ることは難しいのだ。

とはいえ、基幹系システムとビッグデータ分析基盤から相互にデータを利用しようとした場合、データ抽出に時間がかかったり、基幹系データの構造が複雑でデータを読み解くのが困難だったりといった壁が、従来立ちふさがっていた。

このような壁を打ち砕くべくSAPが開発したのが、ビジネスデータとビッグデータの横断的な分析を可能にするデータ高度活用のための分析プラットフォーム「SAP HANA Vora」である。本資料では、SAP HANA Voraの活用に最適なアーキテクチャについて知識を得たい読者のために、SAP HANA Vora、ビッグデータ基盤MapR、Lenovo System x Solutionsを統合したアーキテクチャについて徹底的な検証がなされている。各製品の持つ機能やメリットを詳細に解説するのはもちろんのこと、この検証によるレファンレンス・アーキテクチャ化によって導入期間が短縮できることまでが導き出されている。ぜひ資料をダウンロードして、売上に結びつくデジタル変革の第一歩を歩み出してほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)