ホワイトペーパー

ビッグデータ分析のネックはハードウェアのパフォーマンスにあり!最適なサーバの見直しを

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社|インテル株式会社    2017年03月13日

変化の激しいビジネスシーンにおいて、膨大なデータからいかに競争に打ち勝つ戦略・戦術を導き出すか──これこそがビッグデータ分析の肝だと言える。しかし、ビッグデータ分析のニーズが拡大し対象となるデータも爆発的に増加しているいま、システムに求められるパフォーマンスもまた相当に高いレベルとなっている事実に、どれだけのIT担当者が気づいているだろうか?。ハードウェアのパフォーマンスの問題は、迅速にデータ分析が行えることで評価の高いSAP HANAであっても例外ではない。より適正なコストで、柔軟かつ迅速なビッグデータ分析を実現するためのハードウェアの見直しが、急がれているのである。

では、一体どのようなハードウェアを用意すればよいのだろうか。そうした疑問に答えてくれるのが、本資料である。資料では、Lenovo「System x Solution for SAP HANA on X6」を紹介しながら、SAP HANA導入に最適なエンタープライズサーバの条件を解説している。例えば、インメモリデータベースであるSAP HANAの能力を最大限発揮させるには、メモリの拡張能力が極めて重要となるが、いかに低コストでメモリを拡張するかについてのアプローチも示されている。

また本資料では、速度や拡張性のとどまらず、可用性、信頼性、管理の簡素化、包括的なサポートについても深掘りすることで、SAP HANAの活用で求められるサーバの条件を明らかにしているので。ぜひダウンロードして貴社に最適なサーバを手に入れていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)