ホワイトペーパー

導入事例:スペックは確かに凄い…各社の最新ストレージ。実際に使い比べた最終決定は…?

株式会社ブロードバンドタワー 2017年12月15日

昨今のストレージ製品は、数年前に比べ大きく進歩した。オールフラッシュ化はもちろん、スケールアウトが容易だったり、低コストで難なく運用できるなど、旧来のH/Wを入れ替える十分なメリットが出てきている。

しかし、実際にゼロベースで製品選定を行うとなると、どのベンダーのどの製品を選ぶのが最良か、決めかねてしまうのも事実だ。本資料は、そうした担当者にとって大いに参考になる事例だ。

登場企業は、電子書籍の配信プラットフォームを展開するメディアドゥ社。名古屋の拠点に加え、東京でも配信基盤を整備し、拠点間のレプリケーションも視野に入れた計画を立案。新たな環境で採用するストレージをゼロベースで選定した。

しかし、いざ検証を初めて分かったのが、

「カタログの謳い文句と実際の使い勝手が違う」
「思ったようにパフォーマンスが出ない」

など、意外なほど要件を満たす製品が見当たらないという事実だ。

同社の最終決定は「従来から利用していたアイシロンを継続採用するのがベスト」というものだ。それには十分な根拠があったのだ。

<こちらの全文は、ダウンロードしてご覧ください>

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]