ホワイトペーパー

増え続けるデータを業務を止めずに効率的に処理するポイントとは?

東京エレクトロンデバイス株式会社 2015年03月26日

クラウド、仮想化、ビックデータ等の企業ITの加速により企業内で処理するデータは増え続けている。ストレージに求められる役割を大きくなり、IT部門では「システムの接続、クライアントの動作が遅い」等の現場業務を止めないように効率よくデータを処理することも重要なミッションとなる。

IT部門が現場業務をスムーズに業務遂行できるよう注目すべきデータ処理のポイントは下記である。

・書込み速度の高速化
・データセキュリティの確保
・効率的なバックアップ・重複排除

効率的な運用の為にpurestorageのオールラッシュストレージが注目を浴びている。「SSDは導入した
事がない!」というユーザーへも事前検証・導入後の3年ごとの無償アップグレードのサポート等の導入検討から導入後までのサポートも充実している。本資料では企業が抱えていたコスト、サポート、データ処理方法等の課題に対してどのように解決をしたを具体的に説明する。

詳細は資料をダウンロードください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)