ホワイトペーパー

コンテンツの量とスピードについていけてますか?機械学習の活用で顧客体験の変革を

SDLジャパン株式会社 2019年03月29日

2018年のForrester調査によると、企業はコンテンツの量とスピードの伸びに対処しかねているという現実が浮き彫りになった。今日のコンテンツサプライチェーンは連続したカスタマージャーニーの阻害要因となっており、8割もの企業がこの問題がビジネス目標の達成の可能性を阻んでいると考えているのである。

では、効率的なコンテンツサプライチェーンを実現するにはどうすればいいのか?。それには、コンテンツの「作成」「翻訳」「配信」といったプロセスを効率的に引き継ぐ必要がある。そして、この分野のグローバルリーダーであるSDLは、コンテンツサプライチェーンに機械学習を活用することで、作成、翻訳、配信を自在につないだ「自律型コンテンツサプライチェーン」を実現するのである。

本資料では、自律型コンテンツサプライチェーンとはどのようなものでどう実現していくのか、もたらされるデジタルエクスペリエンスのあり方と合わせて解説している。まずはご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]