ホワイトペーパー

仮想化のあるべき姿とは?日立が提言する知っておくべき課題と恩恵

日立製作所(ITプラットフォーム事業本部) 2010年01月01日

新しいITシステム基盤として、仮想環境のメリットに注目が集まっています。一方で、特性を熟知した上での構築が必要であり、構築後の運用に対しても、従来とは異なる視点が求められます。
日立製作所は、「今が仮想環境への移行時期」としたうえで、具体的なポイントをまとめました。

1.「クラウドコンピューティングと仮想化技術の現状」
   なぜクラウドが注目されるのか!?
2.「仮想環境の設計とアプリ実行基盤の構築」
   手間がかかる仮想環境への移行
3.「仮想環境における効率的な運用管理」
   複雑化するシステムを可視せよ!
4.「仮想環境の恩恵を享受するために」
   運用管理の負担が増大しては意味がない

本資料では、仮想化のあるべき姿、正しい仮想環境について、日立製作所の考えをまとめています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]