ホワイトペーパー

QlikViewの6つの違い

クリックテック・ジャパン株式会社 2014年03月05日

BIの活用は、新たなビジネスモデルを探るなかで画期的なソフトウェアとして注目を浴びております。

ところが、従来のBIツールはキューブやデータマートを設計する必要がありました。IT部門がユーザー部門に要件定義などのヒアリングを行い、設計・開発がスタートします。しかし、それでは分析の自由度が低く、そのわりには導入までの時間や労力やコストがかかります。そのため、BIに高い関心を示しつつも、大きな疑問を感じている企業の例は少なくありませんでした。

これまでのBIが抱えていた矛盾を解決するのが、連想型高速インメモリ情報分析プラットフォーム『QlikView』です。

詳細資料はこちらよりダウンロード。
他のBIツールとの違いを6つの観点からもご紹介しております。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]