ホワイトペーパー

これがミニストップの「売れ筋」判断法だ--キャンペーン商品もリアルタイムで戦略修正

クリックテック・ジャパン株式会社 2015年11月26日

本資料は、コンビニエンスストア大手のミニストップが、どのように膨大な販売データを分析し、戦略立案を行っているかを紹介する事例です。

同社では今まで膨大なデータ処理がネックとなり、利用者の買い合わせ分析や商品棚の棚割り検証などが十分にできない問題を抱えていました。タイムリーな販売施策が打てず、チャンスロスが発生する場面もあったといいます。

この課題を解消すべく採用したのが、インメモリー処理で軽快にデータ処理を行える分析基盤である「QlikView」でした。買い合わせや棚割りに関する仮説検証などは即座の結果取得が可能となり、従来はあきらめていたレシートデータの詳細な分析も実現。店舗ごとに「売れる商品の組み合わせ」を把握するといった、今までなかった分析手法を取り入れることに成功しました。

4000店舗以上を展開する「ミニストップ」が、「QlikView」を活用することで、どのように既存の販売戦略を変革し、売上拡大につなげたのか。

詳細は資料をダウンロードください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]