ホワイトペーパー

カスタマーエクスペリエンス管理に「コンテクストマーケティング」は本当に有効か?7つのステップと実例

サイトコア株式会社 2016年09月12日

すべての顧客に対して、購買に至るまでの「優良な体験」をカスタマイズで提供し、以降も継続的なアクションを続け、自社の「固定ファン」になってもらうには、どうすれば良いだろうか。

それを実行しやすいノウハウとして提供するのが、「コンテクストマーケティング※」の手法だ。従来は困難だった取り組みが、テクノロジーの進化により、今や、より容易に行えるようになっている。以下に、そのダウンロード版の紹介資料(事例含む)を紹介する。

■コンテクストが可能にする圧倒的な説得力、ユーザー体験

その流れは、意外なほどシンプルでわかりやすい。顧客の状況を把握し、ニーズを理解し、その解決に役立つ情報を提供し、結果として購買などのコンバージョンを得るものだ。
しかし個々の顧客に、適切なタイミングで、継続的に行うには工夫が必要だ。

資料ではコンテクストマーケティングの実践を、「7つのステップ」にわけ、先進的な企業の実例もあわせ紹介している。つまづきやすいポイントなど、具体的なアドバイスも多い。
ぜひ詳細を、ダウンロードして確認してほしい。


※コンテクストマーケティングとは?:顧客をとりまく状況や行動をすべて理解したうえで、適切なタイミングと適切なコンテンツで購買意欲を高めたり顧客関係を強化するためのマーケティング手法

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)