編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ホワイトペーパー

これからのビジネスを支えるネットワークの形-柔軟かつセキュアなマルチクラウドネットワーク実現への道

エクイニクス・ジャパン株式会社 2021-06-28

コロナ禍におけるテレワークやクラウドサービスの利用増にともなって、ネットワークのあり方を見直す企業が増えた。なかでもポイントになるのが地理的に分散された利用者のできるだけ近くにデータを置き、柔軟かつセキュアにクラウドを中心としたネットワークへの接続を提供できることである。
これまで企業のネットワーク・エッジは企業の物理的な拠点やブランチなどにプロキシ装置やVPN装置などのかたちで置かれることが多かった。しかし昨今では、キャリアニュートラルなコロケーション施設や外部プロバイダーが運営するデータセンターハブに置かれるケースが増えてきた。外部に設置することでマルチクラウド環境を構成しやすく、セキュリティの確保もしやすいというメリットがある。本資料では、今日的なネットワークのあり方から、エクイニクスが提供する「Network Edge」サービスでの仮想アプライアンス(NFV)により、新しいネットワークを構築するアプローチを解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]