編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

ホワイトペーパー

IBM X-Force「脅威インテリジェンス・インデックス」2020年度日本語版

日本アイ・ビー・エム株式会社(Security) 2020-06-15

IBM Securityではセキュリティ動向を調査したレポート「IBM X-Force 脅威インテリジェンス・インデックス」を毎年公開している。過去1年間にIBMの各研究チームが取り上げた最も顕著な脅威をまとめ、組織の保護強化に役立つ情報をセキュリティー・チームに提供するもので、その最新版である2020年度日本語版が公表された。

最新版では「オペレーショナル・テクノロジー (OT) を標的にしたインシデントが2000%増加した」「漏えいレコード件数は2018年から200%以上多い、85億件」「攻撃手口のトップ3は、1位フィッシング (31%)、2位スキャンおよび悪用 (30%)、3位資格情報の盗難 (29%) 」などの知見や結果が掲載されている。

2019年は、かつての脅威が再び姿を現して新たな方法で使用されたことがわかったとしている。ビジネスを遂行するうえでさまざまな示唆が得られる資料だ。ぜひダウンロードしてご活用いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]